SPECIAL

橋本拳人に続き齊藤未月も。ロシアリーグで戦う日本人選手の現状と、移籍が増えている背景の考察

2021.03.13

昨年夏の橋本拳人に続き、この冬には齊藤未月がロシアプレミアリーグへの移籍を決断した。現在はともに負傷離脱中となっているが、両選手の現状を所属するチームの事情も踏まえて解説するとともに、ここにきてロシアプレミアリーグ移籍が増えている背景についても考察する。

 2月26日、70日間のウィンターブレイクを経てロシアプレミアリーグが再開した。今季は開幕から日本代表MF橋本拳人がロストフに加入していたが、中断期間中に湘南ベルマーレからU-23日本代表MF齊藤未月がルビン・カザンに新たに加入。複数の日本人選手がロシアのトップリーグでプレーするのは本田圭佑(CSKAモスクワ)、松井大輔(トム・トムスク)、巻誠一郎(アムカル・ペルミ)が在籍した2010-11シーズン以来となる。

 ただ、残念ながら再開後のリーグ戦のピッチ上に日本人選手2人の姿はなかった。橋本は日本代表の試合を終えたばかりの昨年11月、第15節ルビン戦で相手と接触した際に膝を故障。その後リハビリを続け、1月のスペイン合宿中に地元マルベジャFCとのテストマッチに出場したものの、膝の違和感を訴えて途中交代となった。現在も状態は万全ではなく、外国人枠8人の制限があるため登録メンバーから外れている。……

残り:4,788文字/全文:5,312文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

レオニド・スルツキロシアプレミアリーグ橋本拳人齊藤未月

Profile

篠崎 直也

1976年、新潟県生まれ。大阪大学大学院でロシア芸術論を専攻し、現在は大阪大学、同志社大学で教鞭を執る。4年過ごした第2の故郷サンクトペテルブルクでゼニトの優勝を目にし辺境のサッカーの虜に。以後ロシア、ウクライナを中心に執筆・翻訳を手がけている。