SPECIAL

ジョン・ストーンズの沼。夢見ずにはいられないCBが今、6番手からまさかの復活!

2021.01.12

近年“期待外れ”イメージの代表格であり続けたCBが、マンチェスター・シティ5年目のシーズン中盤、ついに真価を発揮している。地元のバーンリー(現2部)でユース時代から12年間プレー後、エバートンを経て2016年夏、当時DF史上最高額の移籍金4750万ポンドで加入したストーンズだ。放出説にも負けず、現在ルーベン・ディアスとの鉄壁コンビでスタメンを張る26歳のイングランド人について、シティ好きもそうでない人も必見のブログ『We gotta put it out somehow, yeah, yeah』の著者で、やっぱりストーンズには期待を抱かずにいられないszakekovciさんに綴ってもらった。

 ストーンズである。時代は今。

 1月8日時点で、公式戦スタメン10試合900分出場の、3失点。ルーベン・ディアスとCBコンビを組むようになってからの失点は、わずか1。12月のクラブ月間MVPも受賞。半年前まで放出確実と見なされていたジョン・ストーンズは、今やマンチェスター・シティの守備の中心になった。11月末にストーンズがスタメンを張るようになって以来、シティのリーグ順位も13位から5位(2試合未消化、首位と勝ち点差4)まで上がってきた。

 よく考えればたった1カ月と少し調子が良かっただけなのだが、なぜ私がこんなに興奮しているのか。ストーンズには語るべきことがたくさんあるのだ。

ストーリーがある、夢がある

 第一に、ストーンズにはストーリーがある。……

残り:4,108文字/全文:4,738文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年1月号 Issue082

進化するサッカーと、答えのない育成――20年後を見据え今何をすべきか?[特集]ゲームモデルvs個の育成。新パラダイムで変化する世界の育成事情。電子版も配信中

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ジョン・ストーンズマンチェスター・シティ

Profile

szakekovci

サッカーに関するビジネス、経営、財務、そして与太話を書くブログ『We gotta put it out somehow, yeah, yeah』の著者。マンチェスター・シティとスティーヴン・アイルランドのファン。普段は経営コンサルタント。