SPECIAL

パリの生態系と自然環境を守るため…PSGがハチミツを収穫し販売!

2020.12.23

パリ・サンジェルマンに新たなトップアスリートが仲間入りしている。それはサッカー選手ではなく、ミツバチ。本拠地パルク・デ・プランス付近で養蜂が行われ、このほどハチミツが収穫され、限定販売された。

 パリのオペラ座でハチミツが作られていることは、日本でも旅番組などで紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれない。

 オペラ座のほかにも、オルセー美術館やグランパレなど、いくつかの名所でハチミツが作られていて、「パリの名所産ハチミツ」はちょっとしたブームでもあるのだが、なんとこのたび、パリ・サンジェルマンで収穫されたハチミツができあがった。

ウッディな香りにミントのフレーバー

 今年に入ってから、パルク・デ・プランスのブーローニュ側のスタンドの裏側に養蜂箱を設置。何と言ってもパルク・デ・プランスの隣には、敷地面積が東京ドーム約170個分という広大なブーローニュの森が広がっている。自然にハチたちが集まってきて、約150kgのハチミツが集まったところでめでたく初出荷となった。

 パリは都市にしては公園が多く、人工的に植えられたいろいろな種類の花があるため、複雑で面白い味のハチミツができて著名なシェフにも人気があると聞いたことがある。……

残り:1,080文字/全文:1,590文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

パリ・サンジェルマン文化

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。