SPECIAL

ジュード・ベリンガム。2手先、3手先を読むポジショニングに表れる大器の才

2020.12.03

若手選手が躍動するドルトムントで、今シーズンの目玉の一人となっているのが夏に移籍してきたMFジュード・ベリンガムだ。新加入にしてビッグクラブでのポジション争いに身を投じる17歳のプレーの特徴を分析する。

 現在ドルトムントに、数々のレコードを打ち立て続けている青年がいる。ジュード・ベリンガムだ。2003年生まれの彼が打ち立てた記録は数知れない。

 バーミンガム・シティの下部組織で育ったベリンガムはクラブ史上最年少となる16歳38日でプロデビューを果たすと、その約1か月後には16歳63日でクラブ史上最年少ゴールをマーク。それから1年程でドルトムントへのステップアップを果たすが、その移籍金は17歳のプレーヤーとしての史上最高額となる推定2000万ポンド(約28億円)であった。

 ドルトムントでのデビュー戦となったDFBポカールのデュイスブルク戦では、17歳77日でクラブ史上最年少得点を挙げた。さらに、2020-21ブンデスリーガ開幕戦となったボルシアMG戦にはスタメンで起用されると、同じく当時17歳のジョバンニ・レイナへのアシストを記録。17歳から17歳へのアシスト&ゴールはブンデスリーガ史上最年少のコンビネーションプレー記録となった。……

残り:2,723文字/全文:3,245文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ジュード・ベリンガム

Profile

とんとん

1993年生まれ、長野県在住。愛するクラブはボルシアMG。当時の監督ルシアン・ファブレのサッカーに魅了され戦術の奥深さの虜に。以降は海外の戦術文献を読み漁り知見を広げ、Twitter( @sabaku1132 )でアウトプット。最近開設した戦術分析ブログ~鳥の眼~では、ブンデスリーガや戦術的に強い特徴を持つチームを中心にマッチレビューや組織分析を行う、戦術分析ブロガー。