SPECIAL

26年所属したクラブが破産し無所属となるも、ライバルからのオファーを固辞し“古巣”へ。「ミスター・ロケレン」が貫いた「真のクラブ愛」

2020.11.18

フットボールのビジネス化に伴い、一つのクラブで現役生活をまっとうするプロ選手は絶滅危惧種となって久しい。そんな現代にあって、ユースからずっと所属してきたクラブが破産し吸収合併されるという悲劇に遭ってなお、クラブへの忠誠を崩さなかった選手がいる。ベルギーで話題となった“ワン・クラブ・マン”のストーリー。

 去る11月5日、元ベルギー代表MFキリアン・オーフェルメイレが、ベルギー4部リーグに所属するロケレン・テムセと契約を結んだことがクラブから発表された。

 若手時代は同世代のトーマス・フェルマーレンとともに将来を期待され、各年代代表に選ばれていたオーフェルメイレ。2008年にはベルギー代表として1試合に出場している。9歳だった1994年にスポルティング・ロケレンの下部組織に加入し2003年に18歳でプロデビューすると、2020年4月まで26年間、ロケレン一筋でプレーし500試合以上に出場。定評のある球際の強さとロングフィードを駆使し、優れたキャプテンシーを発揮して10年以上も主将を務めた34歳は「ミスター・ロケレン」「キング・オブ・ダクナム」と呼ばれ、クラブの象徴としてチームをけん引し続けてきた。

2008年、U-21代表の試合でメスト・エジルとマッチアップするオーフェルメイレ

 その間にクラブは2度のベルギーカップ優勝(2011-12、2013-14)を経験したほか、2014-15シーズンのELでは予選プレーオフでイングランドのハルを破り本戦出場を果たしている。……

残り:1,972文字/全文:2,616文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

キャプテンキリアン・オーフェルメイレロケレン

Profile

シェフケンゴ

ベルギーサッカーとフランス・リーグ1を20年近く追い続けているライター。贔屓はKAAヘントとAJオセール。名前の由来はシェフチェンコでウクライナも好き。サッカー以外ではカレーを中心に飲食関連のライティングも行っている。富山県在住。