REGULAR

王者フランス、ケガ人続出を乗り越えノックアウトステージ進出一番乗り【フランス 2-1 デンマーク】

2022.11.27

翌日更新!カタールW杯注目試合レビュー

ケガ人続出の不安要素を乗り越え初戦でオーストラリアに勝利したフランスは、続くデンマーク戦でもピッチに立った選手たちが躍動し勝利。早々にノックアウトステージ進出を決めた。

開幕前に相次いだケガ人

 チームスポーツを見ていると、たびたびこういうシーンを目にする。

 チームの大エースだとか、欠かせない大黒柱がケガやファウルで試合から離脱する。一見、劣勢に陥りそうなシチュエーションなのだが、残りのメンバーが「彼の分まで!」「彼がいなくても勝てる!」と奮起して逆転勝利したり、大崩れすることなく踏ん張りきったりという展開だ。

 今回のワールドカップに臨んでいるフランス代表からも、まさにそんな「プラスアルファ」の意志の力が感じられる。

 大会前にエンゴロ・カンテ、ポール・ポグバという2018年ロシア大会優勝の立役者2人がそろって負傷欠場することが決定。

 さらにはカタール入り後のトレーニング中に、ドイツリーグで現在得点ランク1位と“ノってる男”クリストファー・エンクンクと、先月バロンドールを受賞したばかりのカリム・ベンゼマのストライカー2人が負傷で離脱。

 コンディションが間に合うかという状態で現地入りしたDFプレスネル・キンペンベも間に合いそうにないという判断から、急きょA代表経験ゼロの24歳アクセル・ディザジ(モナコ)を交代要員として招集するに至った。……

残り:3,188文字/全文:3,774文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。