カカーが、栄光も苦悩もあったキャリアを振り返り思うこと