SPECIAL

三笘薫と町田浩樹所属クラブのオーナーは英屈指のギャンブラー。ポーカーで磨かれた決断力で「夢」ある経営を

2022.01.06

2021年夏に日本代表MF三笘薫が加入したブライトンと、その後レンタルされたクラブであり2022年冬には新たにDF町田浩樹も加わったロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズを所有している英国人オーナーのトニー・ブルーム。個人オーナーながら複数クラブの経営に参画する51歳の人物像、そして描くビジョンに迫る。

フットボリスタ第87号』より掲載

 2021-22プレミアリーグには、他国リーグでもクラブ経営に携わるオーナーが5人。その中で、イングランド人に「夢」を感じさせる人物が、2009年からブライトン&ホーブ・アルビオンを保有するトニー・ブルームだ。親子代々サポーターの地元クラブを文字通り「我がクラブ」と呼べる立場にあり、13億ポンド(約1950億円)と推定される資産の源は、ベッティングが盛んな国内ではサッカー界とも縁が深い「賭け事」ときている。かつてはポーカー選手としてツアーに参戦し、今ではベッティング業界のコンサルタント集団『スターリザード』も経営する51歳は、庶民が夢中になる対象を生業とする成功者なのだ。

馬主としての顔も持っているブルーム。勝負服のカラーはブライトンと同じ青。2018年(写真)には愛馬ペンヒルが英国の主要障害レースの1つ「ステイヤーズハードル」を制している

……

残り:1,024文字/全文:1,572文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

TAG

トニー・ブルームビジネスブライトンマルチクラブ・オーナーシップユニオン・サン・ジロワーズ三笘薫

Profile

山中 忍

1966年生まれ。青山学院大学卒。在住も20年を超えた西ロンドンが第二の故郷。地元クラブのチェルシーをはじめ、イングランドのサッカー界を舞台に執筆・翻訳・通訳に勤しむ。著書に『勝ち続ける男 モウリーニョ』、訳書に『夢と失望のスリー・ライオンズ』『ペップ・シティ』など。英国「スポーツ記者協会」及び「フットボールライター協会」会員。