SPECIAL

板倉滉はシャルケで“第2の内田篤人”になれるのか

2021.11.20

1年での1部復帰を目指す名門シャルケに、今季レンタル移籍で加入した日本代表DF板倉滉。オランダでの2年半を経てドイツでの新たな挑戦に身を投じている24歳は熱狂的なファンを多く抱えるシャルケで、かつて“ウッシー”の愛称で呼ばれファンから愛された内田篤人のような存在になれるのか。長らくシャルケを追い続けており、内田引退の際にもコラムを寄稿してもらったダニエル・テーベライト氏に現地での、そして彼自身のリアルな評価を綴ってもらった。

“悲惨”なデビュー戦から“利益”に

 板倉がシャルケで過ごした最初の数日は、かなり悲惨だった。なにしろ、ドイツに来たばかりでいきなり出場したヤーン・レーゲンスルブルク戦で、彼の2つの致命的なミスが4-1の敗戦という結果に繋がってしまったのである。この第4節時点のシャルケは、昨季ブンデスリーガの降格圏で過ごした暗澹たる1年の後、今度は2部の下位に沈むのではないかとさえ懸念された。そしてこの痛々しい瞬間の“顔”となったのが、気の毒にもその3日前にチームに加わったばかりの板倉だったのである。

 だが、サポーターたちの疑いの目が熱狂に変わるまでにそう長い時間はかからなかった。……

残り:2,631文字/全文:3,136文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

シャルケ内田篤人板倉滉

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。