SPECIAL

アトレティコ・マドリー優勝に貢献。フェリペの人気が急上昇中

2021.06.01

6月の南米予選に向けて、合宿をスタートさせたブラジル代表。アトレティコ・マドリーの優勝に貢献し、負傷者の代替として追加招集されたフェリペは現地での注目度が高く、メディアに登場する機会が増えている。32歳のCBが、今季の振り返りや監督との関係、代表でのポジション争いなどについて語る。

 5月27日から、6月の南米予選エクアドル戦・パラグアイ戦のための、ブラジル代表の準備合宿が始まっている。シーズンを終えた欧州のクラブから選手たちが順々に合流しているが、その中に7年ぶりのラ・リーガ優勝を果たしたアトレティコ・マドリーのCBフェリペと左SBレナン・ロディの姿もあった。

6月の南米予選に向け、ブラジル代表の合宿がスタート(Photo: Lucas Figueiredo/CBF)

リーグ最少失点を支える

 ブラジル人の監督や選手、サッカーメディア関係者にブラジル全国選手権の魅力を聞くと、多くの人が競争の激しさを特徴の1つに挙げる。毎年のように上位が混戦となり、意外な逆転劇が起こるなど、最後までどこが優勝するかわからない。

 その際「例えばスペインなら、優勝は普通、レアル・マドリーかバルセロナのどちらかだが……」と、例に出されることが多い。……

残り:1,677文字/全文:2,189文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アトレティコ・マドリーチアゴ・シウバチッチフィリペマルキーニョス

Profile

藤原 清美

2001年、リオデジャネイロに拠点を移し、スポーツやドキュメンタリー、紀行などの分野で取材活動。特にサッカーではブラジル代表チームや選手の取材で世界中を飛び回り、日本とブラジル両国のTV・執筆等で成果を発表している。W杯6大会取材。著書に『セレソン 人生の勝者たち 「最強集団」から学ぶ15の言葉』(ソル・メディア)『感動!ブラジルサッカー』(講談社現代新書)。YouTube『Planeta Kiyomi』も運営中。