SPECIAL

“UEFA派”オランダ勢の怒りと失望。BeNeリーグ構想への影響は?

2021.04.29

“vs ESL”欧州主要リーグの受け止め方#6_オランダ

4月18日に正式発表されフットボール界に衝撃を与えるも、瞬く間に頓挫するに至った欧州スーパーリーグ(ESL)。世界から注目を集めた新リーグ構想を関係者やファン、メディアはどんなリアクションを見せたのか。“当事者”となった3カ国をはじめ欧州主要7リーグの反応を各国に精通するジャーナリストに伝えてもらう。

第6弾は、UEFAの新CLフォーマット作りに尽力していたアヤックス陣営を擁するオランダ。一様にユベントス会長アニエッリを筆頭にしたスーパーリーグ陣営に怒りと失望を隠さないが、今回の騒動がオランダとベルギーの合同リーグを作るというBeNeリーグ構想に与える影響も含めて考察してもらおう。

 4月18日に欧州スーパーリーグの立ち上げが発表された。同夜、オランダのテレビ局『NOS』のサッカートーク番組『ストゥディオ・フットボール』のオープニングは、リヌス・ミケルスが遺した「サッカーは戦争だ」という名言で始まった。

UEFA副会長とECA副会長ファン・デル・サールの怒り

……

残り:3,885文字/全文:4,354文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

BeNeリーグESLPSVアヤックスエドウィン・ファン・デル・サールビジネス

Profile

中田 徹

メキシコW杯のブラジル対フランスを超える試合を見たい、ボンボネーラの興奮を超える現場へ行きたい……。その気持ちが観戦、取材のモチベーション。どんな試合でも楽しそうにサッカーを見るオランダ人の姿に啓発され、中小クラブの取材にも力を注いでいる。