SPECIAL

ファンが勝った――“恥知らず6”を48時間で翻意させた「サッカーの母国」の団結

2021.04.26

“vs ESL”欧州主要リーグの受け止め方#1_イングランド

4月18日に正式発表されフットボール界に衝撃を与えるも、瞬く間に頓挫するに至った欧州スーパーリーグ(ESL)。世界から注目を集めた新リーグ構想を関係者やファン、メディアはどんなリアクションを見せたのか。“当事者”となった3カ国をはじめ欧州主要7リーグの反応を各国に精通するジャーナリストに伝えてもらう。

第1弾は、12クラブの半数にあたる6クラブが創設メンバーに名を連ねていたイングランド。「サッカーの母国」にとっては国民の関心事とあって、参戦クラブのファンはもちろん他クラブのファンや選手、さらには政府さえも意見を表明し大きなうねりが巻き起こった。

 プレミアリーグの“ビッグ6”による欧州スーパーリーグ(ESL)創設メンバー入りは、イングランドのメディアで「サッカー界の内戦」と呼ばれた。結末は、「良識」が「強欲」に圧勝。恥知らずの“シェイムレス6”と呼ばれるようになった国内トップリーグ6強が取り憑かれた、醜い金銭欲、思い上がりのエリート意識、身勝手な排他主義は、サッカーの母国が持つ、重い歴史、フェアな競争精神、庶民最大のスポーツに対する価値観の前に、48時間で敗れ去った。

ESL発表直後から非難の嵐

……

残り:5,546文字/全文:6,086文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ESLアーセナルチェルシービジネスプレミアリーグマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドリバプール

Profile

山中 忍

1966年生まれ。青山学院大学卒。在住も20年を超えた西ロンドンが第二の故郷。地元クラブのチェルシーをはじめ、イングランドのサッカー界を舞台に執筆・翻訳・通訳に勤しむ。著書に『勝ち続ける男 モウリーニョ』、訳書に『夢と失望のスリー・ライオンズ』『ペップ・シティ』など。英国「スポーツ記者協会」及び「フットボールライター協会」会員。