SPECIAL

スーパーリーグ構想に不参加のPSG。アル・ケライフィ会長の人物像とは?

2021.04.23

ヨーロッパ・スーパーリーグ構想に最初から参加せず、各方面からの評価を高めたパリ・サンジェルマン。特にナセル・アル・ケライフィ会長は、欧州クラブ協会の要職に就くなど、存在感を強めている。カタールマネーでフランスの首都クラブを買い取った金満経営者ではあるが、彼は人間的な魅力にあふれた人物でもあるのだ。

 大旋風を巻き起こしたかと思ったら、48時間後には頓挫と、あっという間に去っていった今回のヨーロッパ・スーパーリーグ騒動だが、この一件で最大の「勝ち組」と言われているのが、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長だ。

 スーパーリーグ構想の発表と同時期に行われていたUEFAの定例会議で、彼は執行委員に再選された(任期は2024年まで)。それに続いて、欧州の主要クラブで構成される欧州クラブ協会(ECA)のチェアマンにも選出された。

 チェアマンはユベントス会長のアンドレア・アニェッリ氏が務めていたが、スーパーリーグ構想発表の後、推進役だった彼はこのポストを辞任。空いた席に真っ先に推薦されたのがアル・ケライフィ氏だったが、彼は「メンバーの1人として、そしてPSG会長としての立場で、全力で協力していきたい」と一度は断っている。しかし4月21日の役員会で、担ぎ出される形で選出された。……

残り:2,276文字/全文:2,818文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

デイビッド・ベッカムナセル・アル・ケライフィパリ・サンジェルマン

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。