SPECIAL

フランスNo.1のPSG育成部門ディレクターが語る最高の環境、ノウハウ、寄り添うことの大切さ

2021.02.12

スイスのスポーツ研究機関の調査によれば、2019年に国外リーグでプレーした選手数ランキングでブラジルに次ぐ2位と、欧州最大の人材輩出国であるフランス。その国内で近年、最も優秀なアカデミーを有すると評価されるクラブが下部組織への投資も惜しまないパリ・サンジェルマン(PSG)だ。その成功の理由に迫るべく育成部門のディレクター、ピアン氏を取材した。

 毎夏、フランスサッカー連盟の技術指導部門「DTN(La DirectionTechnique Nationale)」が発表する、国内プロクラブの育成部門ランキング。「①育成部門からプロ契約した選手の数」「②育成部門出身選手がトップチームで出場した試合の数」「③育成部門出身選手が代表チームで出場した試合の数」「④育成所の選手が学校で取得したディプロマの数」「⑤指導者の契約状況」という5つのポイントで評価される同ランキングは非常に信頼度が高く、クラブにとって名誉とされている。

 近年、トップの座はリヨンが独占していたが、2018-19シーズン、パリ・サンジェルマン(PSG)が彼らの“7連覇”を阻止すると、2020年7月に発表された2019-20版でも再び首位をキープ。トップチームだけでなく育成部門においても、フランスの頂点に君臨している。

 フランスA代表の直近の試合、昨年11月17日のスウェーデン戦(4-2)では、アドリアン・ラビオ(現ユベントス)、プレスネル・キンペンベ、キングスレイ・コマン(現バイエルン)と、PSG育成所出身の3人がピッチに立った。またDFコラン・ダグバはU-21代表、DFタンギ・クアシ(現バイエルン)、MFアディル・アウシシュ(現サンテティエンヌ)、FWアルノー・カリムエンド(RCランスにレンタル中)らは2019年のU-17W杯出場メンバーであり、かつてのリヨンのように代表チームへの選手輩出が目立っている。……

残り:6,758文字/全文:7,558文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

パリ・サンジェルマン育成

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。