REGULAR

風間八宏がナーゲルスマンを語る。両者のサッカーに共通する「時間の貯金」とは?

2022.08.05

『ナーゲルスマン流52の原則』発売記念企画#4

6月30日に全国発売となった、小社刊『ナーゲルスマン流52の原則』。史上最年少28歳でのブンデスリーガ監督デビューから6年、当代屈指の名将の一人に数えられるところまで上り詰めた指揮官の「 “6番”の場所で横パスしてはいけない 」「ドリブル後のパスは、ドリブルで移動した距離より長くする」といったピッチ内でのプレー原則はもちろん、組織マネジメントの方法論や価値観に至るまで彼が実践している52の“原則”に迫った一冊だ。その発売記念として、本作の著者・木崎伸也がブンデスリーガ中継の解説を務める風間八宏を直撃果たして、風間の目にナーゲルスマンのサッカーはどう映っているのだろうか。今回は、2022-23シーズンのブンデスリーガ開幕に合わせて3日間無料公開! 試合とともにご覧になってほしい。

※無料公開期間は終了しました

ご購入はこちら

 また新たな風間語録が生まれようとしている。

 それは「時間の貯金」。

 1人ひとりがプレー時間をできる限り短くし、その連続によって最短で敵ゴールに到達し、最後に貯金した時間を使ってシュートを打つ――。

 「速くて無駄のないポゼッション」をやるために全員が意識すべき、風間サッカーの新しい原則である。……

残り:4,620文字/全文:5,150文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。