NEWS

会長が選手に対し法的措置!?振るわぬナポリ、カオスの中に

2019.11.08

 ナポリがカオスの中にある。会長が1週間単位の合宿を課して選手が反抗、クラブは選手に対して法的措置をちらつかせ、ついにはサポーターが選手とクラブに対して抗議行動を展開する事態にまで至った。

 ことの発端は第11節のローマ戦。選手が集中を欠いたプレーで敗れたことを受け、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長がチームに合宿を課した。そしてCLザルツブルク戦前日の4日、地元メディアにこう公言する。

 「1試合で2度のPKを与えるとはどういうことだ? チームは集中力を取り戻すことが必要だ。選手にとって一緒にいるということは良いこと。お互いを知っていけば良くなっていくだろう」

 ところが、彼はこれだけにとどまらず「結果が出なければクリスマスまで延長する」と懲罰合宿を想起させるような発言までしてしまう。

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長(写真は18年12月のもの)

 これに対し反発が起こった。カルロ・アンチェロッティ監督は前日記者会見で「個人的には反対だ」と表明。それでも「状況を良くするためにクラブが決めたことなら選手やスタッフは従うものだ」と承諾するのだが……選手たちはより強い行動に出た。

 5日、ザルツブルクと1-1のドローに終わった後に彼らは決起。アンチェロッティ監督が試合後の記者会見を突然欠席し、騒然としたサン・パオロのプレスルームに情報が入った。「主要選手の何人かが合宿に反対し、そのままそれぞれの家に帰った」と。

サポーターは“両成敗”

 6日付の『ラ・レプッブリカ』紙ナポリ版によれば、次のようなやりとりがあったという。試合後、クラブの副会長を務めるアウレリオの実子のエドアルドに、ロレンツォ・インシーニエをはじめとした主要選手が詰め寄り「オレたちは家に帰る。てめえの親父にもそう伝えとけ」と宣言。アンチェロッティ監督は仲裁に入ったものの、選手たちは意見を変えず帰宅。監督は6日の集合時間を選手たちに告げたのち、自らはスタッフとともに合宿所に行ったとしている。

 一方で会長は、この選手たちの態度を由々しきものと受け取った。クラブ公式HPを通じて「クラブの経営上の権利や財産、そしてイメージを守るためあらゆる法的手段も辞さない」と表明。さらに「合宿を課す間の規律管理をアンチェロッティ監督に一任した」ことも併せて発表された。かくして合宿は続行されるが、このゴタゴタは周囲にもいいのメッセージを与えない。7日にサン・パオロで行われた公開練習では100人ほどのサポーターが陣取り抗議行動を行った。勝手に合宿を打ち切ろうとした選手たちには「守銭奴」と非難、そして混乱を治められなかったクラブに対しても「(我われへの)リスペクトを求める」と抗議のバナーを掲げた。

 懲罰合宿であればイタリアサッカー選手組合(AIC)との協定違反になるが、そのような告発はナポリの選手側からはなされていないという。いずれにせよリーグ戦ではユベントスはおろかインテルにも水を開けられ、ムードが良くない中で起こった騒動。「1月には何人かの主力選手が離脱か」などの噂も出てくるが、彼らはチームとして苦境を乗り切れるのだろうか。


Photos: Getty Imatges

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年9月号 Issue080

加速する進化。ルール改正やコロナ禍が変えた新スタンダードとは? [特集] 5つの戦術トレンドで見る19-20欧州各国リーグ総括

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ナポリ

Profile

神尾 光臣

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。