SPECIAL

平均的なプロ選手と世界トップレベルとの差は“知覚”。バイエルンのニャブリらが実践する“ニューロセントリック・トレーニング”とは

2021.11.06

近年、プレーにおける認知の重要性が認識されそのためのトレーニング手法や機器も発達してきているが、その認知のための“知覚”に関する研究やトレーニングも発展してきている。今回は、ドイツサッカー連盟(DFB)が進めるプロジェクト「DFBアカデミー」による知覚研究の最前線に迫る。

 個人トレーニングの重要性が広く認知され、ライフキネティックのような神経系に刺激を与えるようなトレーニングも広く知られるようになった昨今。DFBアカデミーでは、国内外の大学や他競技のクラブと提携しながらこうした神経系の個別トレーニングの研究や実践も進めている。

 レバークーゼンやアウクスブルクでDFとして活躍し、2019年に引退したヤン・イングバー・カールセン・ブラッカーが、この分野の専門家としてDFBアカデミーのスタッフの一員に名を連ねており、『キッカー』誌に寄稿している。

ニューロセントリック・トレーニングの目的

……

残り:3,418文字/全文:3,819文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

DFBアカデミーセルジュ・ニャブリニューロセントリック・トレーニングヤン・イングバー・カールセン・ブラッカー

Profile

鈴木 達朗

宮城県出身、2006年よりドイツ在住。2008年、ベルリンでドイツ文学修士過程中に当時プレーしていたクラブから頼まれてサッカーコーチに。卒業後は縁あってスポーツ取材、記事執筆の世界へ進出。運と周囲の人々のおかげで現在まで活動を続ける。ベルリンを拠点に、ピッチ内外の現場で活動する人間として先行事例になりそうな情報を共有することを心がけている。footballista読者の発想のヒントになれば幸いです。