SPECIAL

「プレミアリーグの特殊事例」ハメス・ロドリゲスの手品

2020.12.09

ウルティモ・ウオモ分析

昨年12月から指揮を執るカルロ・アンチェロッティの下で2シーズン目を迎えたエバートン。今季のチームを牽引する一人が、レアル・マドリー、バイエルンを経て新加入した29歳、ハメス・ロドリゲスだ。イタリアのWEBマガジン『ウルティモ・ウオモ』の特別コラム(2020年9月25日公開)をお届けする。

 私は手品やトリックの熱心なファンというわけではない。しかし、それを目にするたびに今も2歳の子供みたいな気持ちにさせられる手品が一つだけある。誰かの目の前で掌からコインを消してみせ、それを相手の耳の後ろから取り出すという、最もありふれた、そしておそらく最も「易しく」習得できる類いのそれだ(YouTubeにはたくさんのチュートリアル動画がアップされているが、私はあえて見ないようにしている)。あまりにもたやすく私の視線を玩(もてあそ)ぶマジシャンの手練手管に、心を動かされてしまうのだ。

 そう、ハメス・ロドリゲスのパスもそれと同じように、私を2歳の子供みたいな気持ちにさせる。ハメスは手品師のように相手の目の前からボールを消し去る。そして次の瞬間、ボールは別のところに現れるのだ。これ見よがしのフェイントはしない。するとしたら脚や腰をほんの少し動かすだけのシンプルなものだ。目の前の相手は棒立ちのまま次の一手を待ち受ける。するとハメスはチップキックでボールを敵DFラインの向こう側にふわっと送り込んでしまう。そうでなければ左足を鞭のようにひと振りしてDF2人の間、どちらが足を出しても数cmだけ届かないところを通してしまう。狭いスペースでは足の内側、外側、そして裏を自在に使い分けて相手からボールを隠し、次の瞬間、その「耳の後ろ」へと動いた味方に送り込む。その味方が見えているのは彼だけだ。ハメスがボールを持った途端、サッカーはとても「易しい」ゲームに見えてくる。……

残り:3,706文字/全文:4,492文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ウルティモ・ウオモエバートンハメス・ロドリゲス

Profile

ウルティモ ウオモ

ダニエレ・マヌシアとティモシー・スモールの2人が共同で創設したイタリア発のまったく新しいWEBマガジン。長文の分析・考察が中心で、テクニカルで専門的な世界と文学的にスポーツを語る世界を一つに統合することを目指す。従来のジャーナリズムにはなかった専門性の高い記事で新たなファン層を開拓し、イタリア国内で高い評価を得ている。媒体名のウルティモ・ウオモは「最後の1人=オフサイドラインの基準となるDF」を意味する。