サッカー選手として生きるため、
時国司は選手を“辞めた”...