川辺駿に求められる「雰囲気」。広島番記者がみる、凄みと課題