ファビオ・ペッキア。重圧をくぐり抜けた
「コミュニケーションの監督」...