REGULAR

CLでネイマールが見せた「足運びの妙技」と「DFが見えない瞬間」

2020.09.06

風間八宏の真・ユニット論  第6回

「ボールをトラップしたのに“止まっていない”」「止める、外すの目をそろえる」など独自の技術論を突き詰めた指導者として、日本で唯一無二の存在となっている風間八宏。彼の技術論は個人で完結しているわけではなく、人と人の意思の疎通や駆け引きがベースになっている。個人の技術解説でもなく、チームの戦術解説でもない、数人の集団で構成されるユニットの動きは、サッカー解説の盲点になっているのではないか――名手たちの隠れた凄みを、“局面を切り取る達人”が斬る!

第6回は、クラブ史上初のCLファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの準々決勝アタランタ戦をフォーカス。終盤に2つのゴールを生んだネイマールの“技術”を言語化する。

Pick up MATCH
2020.8.13 Atalanta 1-2 Paris Saint-Germain
Quarter finals | 2019-20 UEFA Champions League
90+3′ Jean-Eric Maxim Choupo-Moting

CL準々決勝、ネイマールの絶妙なスルーパスから決勝点が生まれたシーン(1:10~)

2歩使うと、このプレーは生まれない

……

残り:3,169文字/全文:3,701文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年7月号 Issue091

レアル・マドリーのCL制覇が示唆する未来、ミラン復活にみる「総力戦」の新たな形 【特集】21–22欧州総括 5つのトレンドで読む、欧州カップ戦/「総力戦」が加速する、欧州各国リーグ戦

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

竹中 玲央奈

“現場主義”を貫く1989年生まれのロンドン世代。大学在学時に風間八宏率いる筑波大学に魅せられ取材活動を開始。2012年から2016年までサッカー専門誌『エル・ゴラッソ 』で湘南と川崎Fを担当し、以後は大学サッカーを中心に中学、高校、女子と幅広い現場に足を運ぶ。㈱Link Sports スポーツデジタルマーケティング部部長。複数の自社メディアや外部スポーツコンテンツ・広告の制作にも携わる。愛するクラブはヴェルダー・ブレーメン。