REGULAR

「エル・ピーベ」

2020.04.23

コロンビア1989 PARTE 4

 金色のカーリーヘアは、まるでライオンのたてがみ。海岸の強い太陽光線のせいだというが、彼以外にこんな髪色の選手はいない。

 カルロス・バルデラマは、エキゾティックなコロンビアフットボールの体現者だ。金色の髪は四方八方に飛び散っており、首には大粒のネックレス、手首には3つも4つも“ミサンガ”が巻かれている。森の奥深くに住んでいる呪術師だと偽っても、誰も疑わない風貌だ。日本のある雑誌で「コロンビアの怪人」と紹介されていたのもうなずける。容貌“怪異”。……

残り:7,146文字/全文:7,393文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。