REGULAR

【サッカー小説】狼のサンバ:VOL.3「ジョアン・サルダーニャ」

2022.11.28

←VOL.2へ

38歳で天上界へ

 90歳の誕生日を迎えたマリオ・ザガロはこう語っている。

 「現代フットボールのトレンドはフィジカルだ。テクニックよりも重視されるのはフィジカルである。つまり、小さいチームが大きなチームを妨害し、才能ある者が個を表すことを妨げている」

 ここまで聞く限り、ザガロがフィジカル重視の現代フットボールについて否定的ではあるが、諦めて受け入れようとしているようにも思える。

 「筋肉が技術を凌駕している。ヨーロッパの伝統国はそれゆえに多くの問題を抱えるようになった」

 フィジカル重視の傾向によって小が大を食う試合が頻発し、ドイツ、イングランド、イタリアなど伝統的な強豪国が簡単に負けるようになった。ザガロはそれに同情しているようだ。そして、ここからが本音である。……

残り:5,438文字/全文:5,784文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。