REGULAR

【サッカー小説】カテナチオ炎上 VOL.4 「Are you happy ?」

2020.12.21

クライフの変化

 アヤックス戦の帰りのバスの中、ヘネス・バイスバイラーとギュンター・ネッツァーは対戦相手について話していた。ボルシア・メンヘングラッドバッハとアヤックスのトレーニングマッチはプレシーズンの定期戦化している。メンヘングラッドバッハはオランダに近く、今やヨーロッパ有数の強豪になったアヤックスは格好の相手だった。

 「なんだろうね、あれは」

 「ヨハン・クライフですか?」

 「最初に見た頃と比べると、ちょっと迫力がなくなってないか?」

 バイスバイラーは“定期戦”でアヤックスのエースに何度となく舌を巻いている。ドイツにはあまりいないタイプの選手だった。“白いペレ”とも呼ばれていたが、

 「全然違うな」

 この日、フレンドリーマッチで見たクライフに以前とはまた違った印象を受けている。技術的にはもともとハイレベルだった。世界的にもトップクラスと言っていい。とてつもなく頭のキレる男というのも変わらない。ただ、クライフは以前に比べるとゲームの組み立てに重きを置いているように見えた。

 「迫力はわかりませんが、よりチームを助けるプレーをしているように感じましたが」

 ネッツァーの見方はまた少し違う。たぶん同じものが見えているのだが、解釈がバイスバイラーとは違っていた。……

残り:4,084文字/全文:4,608文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。