前進のためのバックパス。ペップと
エディー・ジョーンズとの会話...