REGULAR

「コロンビア人のためのフットボール」

2020.03.23

コロンビア1989 PARTE 2

 「パチョ、もう1回ナシオナルでプレーしないか?」

 それは、ルイス・クビジャから“パチョ”マツラナへの「最後通告」とも取れる。1982年、フランシスコ・マツラナはデポルテス・トリマというクラブで32試合プレーし、これを最後に引退するつもりでいた。歯科医との二足の草鞋を脱ぐ時が来たと思っていた。

 「今の俺にナシオナルで何ができると?」

 「引退するのか。じゃあ、ユースチームのコーチをやらないか」

 なぜ、クビジャの2つめの提案に応じたのかはよくわからなかった。マツラナは選手時代のピークをナシオナル・メデジンで過ごした。10年間在籍してリーグ優勝も2度経験。午前のトレーニングに参加し、午後は歯科医として患者を診察するという生活を続けていた。プロフットボーラーは一生続けられる仕事ではない。いつか終わりの時が来るが、マツラナには平行して進むもう1つの人生があったわけだ。1つが終わっても、もう1つは続く。当然、歯科医として生きていくつもりだった。

 プロフットボーラーとしてデビューしたナシオナルでの最初の監督はユーゴスラビア人のウラジミール・ポポビッチだった。次はアルゼンチン人のオズバルド・スベルディア、1968年にエストゥディアンテスを世界一に導いた名将だ。エストゥディアンテスはタフでラフな当時のアルゼンチンを象徴するチームで、ファウルで相手のキープレーヤーを抑え込む戦い方は多くの批判も浴びたが、彼のチームでプレーしたカルロス・ビラルドはスベルディアのスタイルを受け継いで1986年ワールドカップ優勝を勝ち獲っている。……

残り:3,911文字/全文:4,582文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

Profile

西部 謙司

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。