【#5】100万人にリーチするタイトルワーク

新聞やTV、雑誌などマスメディアが主導していた時代からブログやツイッターなど個人による情報発信の時代へ。激変の時代に突入したサッカーメディア界は誰でも人気ライターになれるチャンスがある。では、どのような情報発信が支持されるのか。スポーツライターの北健一郎が自身の経験で培ってきた“サッカーライティング論”を全5回で分かりやすく解説する。

Profile

北 健一郎

1982年7月6日生まれ。北海道旭川市出身。『ストライカーDX』編集部を経て2009年からフリーランスに。サッカー・フットサルを中心としてマルチに活動する。主な著書に『なぜボランチはムダなパスを出すのか』『サッカーはミスが9割』。これまでに執筆・構成を担当した本は40冊以上、累計部数は70万部を超える。サッカーW杯は2010年の南アフリカ大会から3大会連続取材中。2020年に新たなスポーツメディア『WHITE BOARD』を立ち上げる。

この動画は会員のみご視聴いただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中
ビデオ一覧へ