【Jリーグ 2021シーズン展望 ポジショナルプレーを掲げる各クラブを巡って】横浜F・マリノス「アグレッシブネスとリスク」(#3)

2月26日に2021シーズン開幕を迎えるJリーグ。今回は『ポジショナルプレー』を標榜する5クラブにフォーカスし、各クラブの戦術的特徴やシーズン展望を山口遼が解説する。

第1回:概要
第2回:川崎フロンターレ「継続と進化」
第3回:横浜F・マリノス 「アグレッシブネスとリスク」
第4回:ヴィッセル神戸 「ポジショナルプレーとリズム」
第5回:浦和レッズ 「トレーニングの強度と戦術の浸透」
第6回:清水エスパルス 「攻守のバランスの確立」

Profile

山口 遼

1995年11月23日、茨城県つくば市出身。東京大学工学部化学システム工学科中退。鹿島アントラーズつくばJY、鹿島アントラーズユースを経て、東京大学ア式蹴球部へ。2020年シーズンから同部監督および東京ユナイテッドFCコーチを兼任。twitter: @ryo14afd

この動画は会員のみご視聴いただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中
ビデオ一覧へ