新生・奈良クラブが目指す 「サッカー」と「学び」の融合

奈良クラブの新社長・中川政七は「教育」を一つのテーマに掲げて、アカデミック化が進むヨーロッパサッカーの中でも最先端と言われるポルト大で学ぶ23歳の林舞輝をGM(ゼネラルマネージャー)に指名した。「ヨーロッパサッカー」の色を強くまとう新生・奈良クラブは、端境期を迎えた日本サッカーに何をもたらしてくれるのか?