clasico-PV_main

Photos: Yuichiro Kubo, Getty Images

2017.04.18 21:45

PREVIEW

LIGA ESPANOLA / JORNADA 33

クラシコ現地解説!野口幸司氏が語る決戦の見どころ

4月23日(日)深夜3:30~ WOWOWライブで生中継!

今季リーガの覇権を占う大一番となり、ますます注目の集まる今シーズンのクラシコ。
その頂上決戦の勝負のポイントを、23日(日)深夜3:30~ WOWOWライブのクラシコ中継で現地解説を担当するサッカー元日本代表の野口幸司氏に語ってもらった。
さらに、試合前にはレアル・マドリーとバルセロナの両エースにフォーカスした特別番組『メッシとロナウド ~ゴールに愛された2人の天才~』を放送される。過去14シーズンにわたりリーガエスパニョーラを中継し続けてきたWOWOWだけの貴重な映像で振り返る7年間の軌跡は必見!


野口幸司 Koji Noguchi
(サッカー指導者/解説者)
1970.6.5(46歳)

千葉県出身。平塚、川崎(JFL)、名古屋、大宮でプレーし2000年に引退。J1とJ2で通算180試合64得点を記録した。日本代表では95年のコスタリカ戦に出場。現在はWOWOWのリーガ・エスパニョーラ中継で専属解説を務めながら指導者としても活動している。


──まずは、今回のクラシコはどういった試合になると予想されていますか?
「バルセロナはシーズンを通して何と言うか、アップアップという感じを受けています。これまでのようなポゼッションの質がなく、何とか勝ってきている印象です。一方のレアル・マドリーは一時期調子を落とした時期もありましたが、勝負強さを感じます。これまでのクラシコではスタイルを変えないバルサに対し、レアルが対抗策を持って臨むという構図でしたが、今回に関してはバルサの方が変わらないといけないのではないか、そういう意味でバルサ主導だったこれまでとは違うクラシコになるのではないかと見ています」

──バルセロナは3バックを採用してCLパリSG戦で大逆転勝ちを収めました。チーム状態が大きく変わった印象はありますか?
「個人的には、大きく変わったとは思っていません。今季バルサがバルサらしい勝ち方をした試合というのはリーガでも少ないと感じています。今までの、良い時のバルセロナは相手がプレッシングを仕掛けてきても、リトリートして守られてもポゼッションしてゲームを支配して戦えていました。ですが今は、前からプレッシングをかけられるとパスを繋いで攻め込めていません。その点、3バックにしてバルサらしいポゼッションが復活したかと言うと決してそうではない。そんな中で、今シーズン唯一ずっといいのがネイマール。メッシでもルイス・スアレスでもなく彼がチームを引っ張っていると言っても過言ではない形なので、逆にネイマールが潰されたらどうなるのか、というクエスチョンがあります。(編注:ネイマールは第31節マラガ戦での行為により3試合の出場停止処分に。クラブは申請している処分軽減の訴えが認められなければ欠場となる)。その中で全体の攻守のバランスをどうやって取ろうと考えているのか、ルイス・エンリケ監督に聞いてみたいところですね」

──対するRマドリーは、昨年のFCWC後に成績を落とし批判の声も聞かれましたが現在の状態をどう見られているでしょうか?
「悪くないと思いますよ。カウンターでもポゼッションでも相手を崩せますし、BBCがそろわない中でもルーカス・バスケスやモラタ、ハメスらをうまく使って攻守のバランスを保ってきていました。個人的には、ポゼッションする時にモドリッチやクロースがサイドに流れる試合とそうでない試合があるのはなぜなのか、相手チームのフォーメーションを見て決めているのかもしれないのですが気になっています。現地で見られるのでそのあたりじっくり見てみたいですね」

──先ほど「バルセロナを引っ張っているのはネイマール」というお話がありましたが、エースであるメッシのパフォーマンスについてはどのような印象をお持ちですか?
「シュートの巧さやFKなどでの得点力は相変わらずだと思います。ただ、突破力という点では全盛期に比べ少し落ちてきているのかな、という印象があります」

──一方で、Rマドリーのロナウドについても「得点力が落ちている」という声がありますが彼についてはいかがでしょうか?
「確かにゴール数は減っているかもしれませんが、私はそこまで落ちているという印象はありません。彼には高さという武器があります。レアルにはいいクロサーがいて得点パターンが確立できていますから。それに、彼が相手DFを引きつけることで周囲の得点に繋がっている部分もあります」

──今季、セルヒオ・ラモスの得点数に注目が集まっています。彼は昨年12月のクラシコでも同点ゴールを決めていますし、今回の対戦でもセットプレーは鍵になるでしょうか?
「それは間違いないでしょうね。彼はとにかくポジショニングが抜群な上に、レアルにはロナウドやベイルなど他にも高さのある選手がいますからバルサとしても捕まえるのは容易ではないでしょう。もしかしたら、バルサがセットプレー対策を考えて高さのあるメンバー構成で臨む可能性すらあると思っています。バルサの方が変化を強いられる、というのはそういった部分も含まれています」

──ここまでのお話を総合して、ズバリどちらが有利だと考えていますか? またどういった試合展開を予想されますか?
「私はレアルが有利だと思います。これまでとは違い、ポゼッションでもレアルが上回ってバルセロナが縦に速い攻めで対抗するような展開もあるのではないでしょうか。バルセロナが勝つとしたら接戦で、レアルが勝つとしたら大勝もあり得ると見ています」

──最後に、今回は現地から解説されるにあたって特に意識して伝えたいポイントを教えてください。
「最近では、攻撃時と守備時でフォーメーションを変化させるのがトレンドになっています。テレビ画面には映らないところで起こっている両チームのシステムの変化に着目して伝えられればと思っていますので楽しみにしていてください」


<関連番組情報>
クラシコ直前! 特別番組で振り返る両エースの軌跡
メッシとロナウド ~ゴールに愛された2人の天才~
4月22日(土)午後3時~WOWOWライブで放送!

wowow_clasicoPV_sub

現役ながらリーガの歴代通算ゴールランキングで1位と2位に君臨するバルセロナのメッシとレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド。ロナウドがRマドリードに加入した09-10シーズン以降、両雄が永遠のライバルとしてリーガの舞台で切磋琢磨し、プレースタイルを変化させながら前人未踏の領域に達したこの7年間の軌跡を、本人のコメントやゴールシーンの映像を惜しみなく蔵出ししながらプレイバックする。



この他にも充実の直前番組情報や盛りだくさんのコンテンツが楽しめるWOWOWクラシコ特設サイトをぜひご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加