Barcelona's President Bartomeu speaks during a news conference at Camp Nou stadium in Barcelona

Photo: Reuters/AFLO
FIFAの処分発表の翌日、会見に臨むバルトメウ会長。一概に彼らが悪いと言い切れるような単純な問題ではないだけに、今後の推移にも注目が集まる

2014.04.07 22:18

COLUMN

LIGA ESPANOLA

バルセロナ移籍禁止処分の複雑な背景

子供の国際移籍が叶える夢と背負うリスク

 4月2日、FIFAがバルセロナの今後1年間(14年夏と15年冬)の選手移籍禁止処分を発表した。制裁の理由は、FIFAが定める移籍条項第19条にある未成年者の国際移籍を禁止する規定に違反した、というものだ。バルセロナにとっては寝耳に水だったろうが、同時に覚悟の制裁でもあったはずだ。それはFIFAの発表を受けて同日に出されたバルセロナの声明を読めばよくわかる。彼らはこの中で“移籍条項に違反していない”とは一切主張していないのだ。

(以下の条項および声明の内容に関しては、すべてスペイン語の原文を筆者が日本語に訳したもの。逐語訳だけではなく抄訳も含む)

 声明の内容に触れる前に、まずはFIFAの移籍条項第19条の内容を整理しておこう(昨年3月、こんなコラムも書いた。こちらも参照してほしい)。第19条の正式な名称は「未成年者の保護」。そこでは原則として18歳未満の子供の国際移籍を禁止し、例外的に認める場合として3つのケースを規定している。

①「両親がサッカー以外の理由で引っ越した場合」

②「16歳以上18歳未満でEU内、EEA(欧州経済領域)内での移籍の場合」

③「自宅が国境から50km以内にあり、隣国のクラブもまた国境から50km以内にあり、両国のサッカー連盟が合意した場合」

 今回バルセロナが疑われているのは、以上の3つのケースを満たさない子供たち(FIFAによると10人)が所属していたからだ。例外のうち②と③は違反のしようがないから、FIFAが目を付けたのは①だろう。つまり、子供がバルセロナでプレーするために両親が移住して来たケースがあった、ということではないか。

 昨年3月、スペインの高級紙『エル・パイス』に、「FIFAが6人の未成年者を登録禁止処分に」というニュースが載った。これはバルセロナの6人の外国籍の子供たちの選手ライセンスが、移籍条項違反で取り消されたというものだった。1年以上前からFIFAが調査を続け、くすぶっていた問題が今になって一気に燃え上がったというわけだ。

 守護神ビクトル・バルデスと主将プジョルが今夏で退団となり、補強が最も必要なタイミングでの移籍禁止処分。大騒動になるのも無理はない。ボージャン(アヤックス)やラフィーニャ(セルタ)、デウロフェウ(エバートン)らのレンタルバックには支障はないが、3月に契約書にサイン済みのハリロビッチの処遇は微妙。V.バルデスの代役テア・シュテーゲンとの今夏の契約は、制裁が解除されない限り無理だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加